当院は昭和36年に七尾市内で産婦人科を開業して以来半世紀以上に渡り、出産に携わってきました。
この長い歴史で培った経験と医学的根拠に基づいた最新の医療により、より安心でより安全な周産期医療をご提供したいと考えています。
安心したマタニティライフ、そして楽しい育児を送ることが出来るように当院スタッフ一丸となってサポートしてまいりますので、妊娠・出産・育児の不安や悩みなどお気軽にご相談下さい。

医師紹介

院長

山田武法
母体保護法指定医 / 産婦人科専門医

経歴
1978年 金沢医科大学卒
同年 国立金沢病院(現金沢医療センター)勤務、高邑昌輔先生に師事
1979年~ 1年間国立山中病院に一人医長として勤務
1980年~ 再び国立金沢病院勤務
1987年 山田産婦人科医院 院長に就任

手術について

院長が国立金沢病院(現・金沢医療センター)時代に最も勉強させていただいた領域です。当院では基本的に癒着のない子宮摘出であれば、腹式・膣式に限らず、30~40分で手術が終わります。手術が早ければ、術後の経過も順調なことが多いです。院長が特化している術式の一例はその他の診療をご覧ください。

ゆったりとした病室は全て「個室」

ママと赤ちゃんとの時間を大切にしていただくために、産後1日目より母子同室することもできます。病室はすべて個室です。
お部屋はゆったりリラックスしてお過ごしいただけるように色合いを淡くした清潔なお部屋となっています。

食事は全て当院で「手作り」

厨房のスタッフがおやつも含め、毎食すべて当院で調理しています。栄養満点、ボリュームたっぷりの食事です。食事は朝・昼・夕の3回、そして15時にはおやつが出ます。
食物アレルギー、食べられないもの・苦手なものがあれば事前にお知らせください。

PAGE TOP